ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
 トップページ
 プロフィール
 研究プロジェクト
 研究室メンバー
 講義
 演習
 アクセス
 問い合わせ

 学習院の散策
イメージ

所属・略歴

米山 茂美 (よねやま しげみ)
学習院大学 経済学部経営学科 教授
学習院大学経済学部卒業。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了後、西南学院大学商学部・講師、助教授を経て、武蔵大学経済学部・助教授、教授。その間、米国
University of California at Berkeley, Haas School of Businessフルブライト客員研究員、仏国INSEADl'Institut Europeen d'Administration des Affaires)客員研究員。2010年より、文部科学省科学技術政策研究所・総括主任研究官、政策研究大学院大学・連携教授、2013年より学習院大学経済学部・教授(現在)。





研究分野

イノベーションの戦略と組織、事業戦略とビジネスモデル、技術戦略、知財マネジメント、グローバル・イノベーション、科学技術イノベーション政策、等


最近の研究成果(~2013年度)

  1. “Technological Autarky and Product Development Performance: Implication for Open Innovation.” The 25th ISPIM Innovation Conference, Innovation for Sustainable Economy and Society, Proceedings, 2014.
  2. “Internal Embeddedness and Innovation Performance of Overseas R&D Base: An Empirical Study.” International Journal of Innovation Management, 17-6, pp. 1-18, 2013.
  3. 「鉄道システムの海外展開:日本企業の可能性と課題」,『経済研究』, Vol. 147, pp. 1-25, 2013.(稲山健司・篠崎香織との共著)
  4. “Technology Commercialization through Open Innovation: A Perspective of Interaction among Inbound, Outbound and Coupled Process.” The 6th ISPIM Innovation Symposium, Innovation in the Asian Century, Proceedings, 2013.
  5. 「技術開発戦略が企業パフォーマンスに与える影響の定量分析」, 第28回研究・技術計画学会年次学術大会, 予稿集, 2013.(枝村一磨・古澤陽子との共著)
  6. 「グローバルR&Dマネジメント:親会社との関係が海外拠点の研究開発成果に与える影響」, 第28回研究・技術計画学会年次学術大会, 予稿集, 2013.(岩田智・浅川和宏・篠崎香織との共著)
  7. 「日本企業の海外現地法人における研究開発活動」, 科学技術・学術政策研究所, DP No. 98, 2013.(岩田智・浅川和宏・篠崎香織との共著)
  8. “Paternalistic Leadership in Four East Asian Societies: Generalizability and Cultural Differences of the Triad Model.” Journal of Cross-Cultural Psychology, published online 6 June, 2013. (with Bor-Shiuan Cheng, et al.)
  9. “Internal Embeddedness and Innovation Performance of Overseas R&D Base.” The XXIV ISPIM Conference, Proceedings, 2013 (Selected as the Knut Holt Best Paper Award Nominee).
  10. 「産学連携が大学研究者の研究成果に与える影響」, 科学技術・学術政策研究所, DP No. 87, 2013.(渡部俊也・長谷川光一との共著)
  11. “University-industry Collaboration and Academic Performance.” ISPIM Innovation Symposium, Stimulating Innovation: Challenges for Management, Science & Technology, Proceedings, 2012. (with T. Watanabe)
  12. 「民間企業の研究活動に関する調査報告2011, 科学技術政策研究所,NISTEP Report154, 2012.
  13. “Building External Networks and its Effect on the Performance of Overseas R&D base.” International Journal of Innovation Management, 16-3, pp.1-18, 2012.
  14. 「製品・事業戦略と知財戦略の連動性の設計」,『知財管理』, 62-4, pp.417-429, 2012.
  15. 「外部支出研究費から見た日本企業と国内外大学との連携」, 科学技術政策研究所, 調査資料No.207, 2012.(長谷川光一・永田晃也との共著)
  16. 「企業におけるイノベーション活動への取り組み:研究開発成果の収益化を中心に」,『科学技術政策研究レビュー』, Vol.2, pp.1-20, 2012.
  17. “Evolution of Corporate Management through Global Dynamism.” in Asian Productivity Organization (ed.), Asian Dynamism and Global Management, Asian Productivity Organization, pp.25-32, 2011.
  18.  “Authoritarian Leadership Effectiveness: Cross-Cultural Differences in Two East Asian Countries.” International Association for Cross-Cultural Psychology Regional Conference, Proceedings, 2011. (with Chou, W. J., et al.)
  19. 「民間企業の研究活動に関する調査報告2010, 科学技術政策研究所,NISTEP Report149, 2011.
  20. 「特許制度の改正が企業の審査請求行動に与える影響:審査請求可能期間の短縮と特許料金体系の改定」, 科学技術政策研究所, DP No.77, 2011.(山内勇、長岡貞男との共著)
  21. 「ソフトウェア特許の範囲拡大が企業の研究開発活動に与える影響」, 科学技術政策研究所, DP No.76, 2011.(山内勇・大西宏一郎との共著)
                                              (過去の研究成果

社会活動

文部科学省 科学技術政策研究所・客員研究官、東アジア・アセアン経済研究センター(Economic Research Institute for ASEAN and East Asia: ERIA)「Intellectual Property Policies for Investment Promotion in ASEAN」プロジェクトリーダー、特許庁「日本企業の知財戦略の実施体制調査」委員会委員、同「特許出願動向・企業別マクロ調査」委員会委員、日本生産性本部「人と組織フォーラム」主査、同「生産性研究助成」選考委員、日本知財学会・理事、研究技術計画学会・編集理事、International Journal of Technology Marketing誌及びAsian Research Policy誌のEditorial Board Member、日本生産性本部経営アカデミー「トップマネジメントコース」コーディネータ、同「経営戦略コース」「技術経営コース」他講師、同「イノベーション・デザイン研究会」コーディネータ。その他、日本企業や外資系企業の企業内大学等での講師、コンサルテーション等。

所属学会は、組織学会、研究技術計画学会、日本知財学会、Academy of Management (AOM), International Society of Professional Innovation Management (ISPIM)


Copyrights (c) 2013-2015 Shigemi Yoneyama, All rights reserved